西 謙太郎

2018 13 Feb

kawasaki ショールーム 万世橋エキュート

バイクメーカーカワサキ(kawasaki)がアパレルも含めた期間限定店舗をオープンしたことは随分前に聞いていたのですがなかなか足を運ぶ機会がなかったのですが今回ようやく訪問してきました。

カワサキといえば玄人好みのバイクというイメージが強いですが、若年層にもアプローチしたいという思いだと思います。メルセデスやボルボもカフェを作って若年層との接点を求めたりしていてアプローチとしては良いなと思いました。ただバイクがメインでDEUSとかと比べるともう少しファッション軸強めても良いのかなと思いました。

車やバイク、家電などすぐには購入できない商品も機能性だけでなくブランド価値を高めていかないとこれからは生き残っていけないなと思いました。アパレル、流通の培ったブランド価値創造力をプラットフォームとして領域を広げていくことも一つの方向性だと思いますね。